社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄でコロナ59人感染、1人死亡 累計1万3918人【5月17日午後】

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県は17日、新型コロナウイルス感染者1人が新たに死亡したと発表した。死亡したのは南部保健所管内居住の60代男性。4月26日に陽性が確認され、5月12日に死亡が確認された。県内の死者は累計で142人となった。

 新たな感染者は59人。前週月曜日より23人増。前日の78人よりは19人少なかった。累計は1万3918人。

 保健所管内別では、那覇市23人、北部1人、中部6人、南部14人、宮古5人、八重山9人、県外1人だった。行政検査173件のうち陽性は9人、保険診療で50人が判明した。

 病床占有率は92.9%。直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は53.12(全国6位)で、再び増加傾向にある。

 在沖米軍関係の新規感染者は、16日は0人、17日は4人との報告があった。累計で1342人。(いずれも速報値)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス