社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄で過去最多302人コロナ感染 初の300人台(5月26日午後)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は26日、302人が新型コロナウイルスの陽性だったと発表した。前日に過去最多の256人が感染しているが、一気に46人増え、初の300人台となった。累計は1万5743人となった。

 保健所管内別では、那覇市70人、北部8人、中部115人、南部88人、宮古11人、八重山(石垣市)10人、宮古島市11人。中部管内だけで100人を超えた。

 直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は92.88で、4日連続で全国1位だった。病床占有率は86.4%、重傷者用の病床占有率は46.7%だった。

 在沖米軍関係の新規感染は、12人との報告があった。累計で1370人。(いずれも速報値)

 

【関連記事】

▼緊急事態宣言 効果が現れるのはいつごろ? 高山義浩医師に聞く

▼【表付き】緊急事態と「まん延防止」違いは イベントどうなる? 

▼【写真特集】4度目のコロナ緊急事態 沖縄各地の様子は

▼細田氏「沖縄らしくない」発言、何が問題?独自コロナ政策できるの?

▼【写真特集】コロナ禍でも人気 沖縄・超高級ホテルの世界

▼時機逸した「時短拒否店」公表 過料手続きも時間切れ



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス