社会
沖縄の新型コロナウイルス最新情報

沖縄でコロナ145人が感染 人口比は90人下回る(6月11日午後)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真

 沖縄県は11日、新型コロナウイルスの新たな陽性者は145人が確認されたと発表した。前日より21人少ない。県内の感染者の累計は1万9247人。

 病床占有率は89.9%、重症者用の病床占有率47.1%となっている。

 直近1週間の人口10万人当たり新規感染者は88.70人、全国1位が続いているものの90人を下回った。

 居住地別の内訳は、那覇市34人、北部が12人、中部が58人、南部27人、宮古5人、八重山9人だった。 

 在沖米軍関係では6人の新規感染があったと報告があった。(いずれも速報値)

【関連記事】

▼沖縄コロナ人口10万人当たり100人切る 新規陽性166人(6月11日朝)

▼「何で他と違うの」嫌みも…緊急宣言中の「特別保育」対象あいまい、保護者にしわ寄せ

▼沖縄コロナの市町村別感染状況が初公表 多良間村だけゼロ

▼<休業まとめ>土日休業の大型商業施設【随時更新】

▼緊急事態宣言 効果が現れるのはいつごろ? 高山義浩医師に聞く

▼【写真特集】コロナ禍でも人気 沖縄・超高級ホテルの世界



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス