社会

台風10号、沖縄本島近海で発生 奄美へ向かう 11号も発生

台風9号、10号、11号の経路図(気象庁のホームページより)

 気象庁によると5日午後3時、那覇市の北東約120キロの海上にある熱帯低気圧が台風10号になった。台風は1時間に約20キロの速さで北北東へ進んでいる。

 中心の気圧は994ヘクトパスカルで、最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心から半径280キロ以内では風速15メートル以上の強い風が吹いている。

  今後は沖縄地方から遠ざかり、24時間後の6日午後3時には台風の中心が奄美大島の南東約130キロの海上に到達する見込み。8日にかけて東日本に接近するおそれがある。

 一方、4日に発生した台風9号は5日午後3時現在、台湾海峡の対岸の中国大陸沿岸にあり、ゆっくりとした速さで北に進んでいる。中心気圧は990ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は20メートル、最大瞬間風速は30メートル。中心から280キロ以内では15メートル以上の強風域となっている。今後、予想される進路を南にとった場合、9日にかけて先島諸島に接近する見込み。

 今後、週末から週明けにかけて台風9号は九州など西日本、台風10号は東日本に近づく可能性があり、3連休は2つの台風の動きに注意が必要になりそうだ。

 一方、5日午後3時、日本の東海上には台風11号も発生した。この台風は日本列島から離れる形で、北東方面に進むと予想されている。
 
 1時間に約30キロの速さで北へ進んでおり、中心の気圧は1000ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は18メートル、最大瞬間風速は25メートル。中心の南東側280キロ以内と北西側165キロ以内では風速15メートル以上の強風域となっている。


▼【写真特集】沖縄、過去の最強台風を振り返る 風速80メートル超は2回

▼台風襲来!そのとき沖縄県民は…居酒屋で「ヘクトパスカル」?

▼台風勢力のバロメーター!? ユニオンに台風接近時の営業判断を聞いてみた

▼沖縄県民のシーチキン愛なぜ?「ツナの恩返し」も

▼台風が来た!そのときどうする? 台風対策〝イロハ〟を伝授

▼気になる台風ネーム、どうやって決めている?名前決定のルールがあった



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス