社会

台風が抜けて住民ら後片付け「被害なくありがたい」

居酒屋前で落ち葉を掃き集める店主=13日午後、石垣市

 【石垣・与那国】台風14号の八重山地方への接近から一夜明けた13日、石垣市内では市民が後片付けに追われた。台風が直撃した与那国島で大きな被害は確認されず、住民は安堵(あんど)した。

 与那国町では13日、町職員が島内を見回ったが、目立った被害は確認できなかったという。町内で観光業を営む70代の男性は「事前の報道を見てどうなることかと心配していたが、想定していたより強い台風ではなかった。被害もなくありがたい」とほっとした様子だった。

 石垣市内の居酒屋店主、高木厚志さん(39)は13日午後、店舗前にたまった落ち葉をほうきで掃いて片付けていた。高木さんは「台風は思ったほど強くなく影響もなかった。店にも被害が出なかったので良かった」と話していた。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス