政治

玉城知事、金秀Gの「自民支持」評価を避ける 「呉屋会長の慎重なお考え」

報道陣の質問に答える玉城デニー知事=15日、県庁

 金秀グループの呉屋守将会長が次期衆院選で、自民候補を支持する方針を示したことを受け、玉城デニー知事は15日朝、「今朝の地元2紙でも(呉屋会長発言の)書きぶりが違う。必ずしも何か一つの方針を出したということではなく、呉屋会長の慎重なお考えとそういうご発言だったと思う」などと述べ、評価を避けた。玉城知事は呉屋会長からまだ説明を受けていないとした。県庁で報道陣の質問に答えた。

 呉屋氏は2014年の知事選で故・翁長雄志知事の選対本部長を務め、保革を取り込んだ「オール沖縄」の誕生に尽力した。翁長氏の死去後、後継となる玉城知事の後援会長を辞任し、事実上、オール沖縄と距離をとっていた。


 

【関連記事】

▼【独自】金秀Gが自民候補支持へ 「オール沖縄」から転換 衆院選で経済重視

▼かつての「オール沖縄」はもうない…野党進撃の衝撃

▼菅首相退陣表明、沖縄政局への影響は

▼【深掘り】強めた知事批判…なぜ県議会議長は与党を離脱したのか

▼【深掘り】下地氏の自民復党、困難視されるが…衆院選前に綱引き強まる

▼【深掘り】玉城デニー知事を支える「オール沖縄」再編の全貌 大会派構想の失敗、再統合…



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス