宣言解除へ「正念場」のシルバーウィーク始まる 沖縄路線は低調

 県内の新型コロナウイルス新規感染者が減少を続ける中、県が「正念場」とみる秋の大型連休(シルバーウイーク)が18日から始まる。航空各社によると、沖縄路線の予約状況は昨年の連休と比べ低調だ。県は今月末の宣言解除に向け、感染防止策に注力する。

 日本トランスオーシャン航空の予約状況は、大型連休前半の3連休(18~20日)が前年比6割程度、後半の23~26日が同4割程度となっている。コロナ前と比べると3~4割程度の水準で、担当者は「連休だからといってもそんなに予約が高まるわけでもない」と話した。

 全日本空輸は、今月上旬と比べて予約数が伸びる動きは鈍いという。18~26日の予約数は前年同時期と比べて8割未満となっている。担当者は「昨年の同時期はGoToトラベルキャンペーンが実施され、今よりも旅行に行きやすい雰囲気だった。このタイミングから(予約が)伸びるのも考えにくい」と話した。

 大型連休直前の17日、那覇空港に到着する観光客の姿はまばらだった。静岡県の男性(68)は「旅行というよりはリフレッシュ。ホテルから出ないで過ごそうと思っている」と、静かに過ごす予定だ。「人流を抑制したいのならモノレールを止めればいいが、現実的にそんなことはできない。それぞれが自覚を持って行動を自制することが大事だ」と話した。

【関連ニュース】

▼【ひと目で分かる】沖縄のコロナ感染状況

▼若者はワクチンに後ろ向き?実際に聞いてみた

▼ランチでドライブで披露宴で…陽性者が急増する沖縄のコロナ感染7例

▼保護者「学校で感染ないか」回復児童「いじめ怖い」 教師は疲弊

▼「ブレークスルー」あってもワクチンは有効だ 医師が訴える理由

▼沖縄の接種なぜ最下位? 供給不足だけなのか

▼「陰性証明」メルカリで転売 沖縄観光で特典付き「ブルーパワーバンド」

▼「コロナかな?」と思ったら…行動チャート図



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス