くらし

沖縄こどもの国 29日から営業再開 4カ月ぶり開園

沖縄こどもの国

 【沖縄】県内の新型コロナウイルスの緊急事態宣言が解除される見通しとなったことを受け、沖縄こどもの国(沖縄市)は29日から営業を再開する。こどもの国は6月上旬から緊急事態宣言に伴い閉園しており、約4カ月ぶりに開園となる。

 こどもの国理事長を務める桑江朝千夫沖縄市長は27日の市議会一般質問で「準備は万端だ。感染対策も可能だ」と説明した。喜友名朝彦氏(会派躍進)への答弁。

 一方、市の山内強企画部参事は緊急事態宣言によるこどもの国の入場者数の影響について、コロナ禍前の2019年4~8月と比較して21年4~8月の入場者数は75%減り、「厳しい施設運営を余儀なくされている」と説明した。

 減収対策として、工作キットなどのグッズ販売やオンラインショップの開設などを展開していくと説明した。



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス