政治

午後6時の投票率26.66% 沖縄、前回を上回る

 沖縄県選挙管理委員会の発表によると、投票が行われている第49回衆院選の31日午後6時現在の投票率は県全体で26.66%で、31万3311人が投票を済ませた。全選挙区で前回選(2017年)の同時刻比を上回り、県全体では前回選比2.85ポイント高くなっている。

 選挙区別では、那覇市などが主な選挙区となる沖縄1区は前回選比3.83ポイント高い26.18%(投票者数7万148人)、沖縄本島中部が選挙区の沖縄2区は同3.42ポイント高い27.55%(8万1242人)、本島北部などが選挙区の沖縄3区は同3.43ポイント高い26.91%(8万5282人)、本島南部と宮古・八重山などが選挙区の沖縄4区は同0.71ポイント高い25.94パーセント(7万6639人)となった。

 当日有権者数は117万5150人。30日まで行われた期日前投票では、選挙人名簿登録者数(18日時点)の23.0パーセントに当たる27万1107人が投票した。


琉球新報デジタルでは、きょう投開票の衆院選の開票速報をお届けします。
https://ryukyushimpo.jp/

沖縄選挙区の情報はこちらから↓
https://ryukyushimpo.jp/pages/2021syuinsen.html

 

▼沖縄1区の候補者が既に「当選」は偽情報 衆院選ファクトチェック
▼なぜ?沖縄は国民審査「×」の割合が全国一
▼「比例代表」って何? 衆院選の選挙方法Q&A
▼辺野古訴え比重 「オール沖縄」弱体化否定、連携に自信 衆院選沖縄
▼【一覧表】最高裁裁判官 辺野古、爆音、夫婦別姓どう判断した?

 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス