社会

強制わいせつ容疑で産婦人科医を再逮捕 女性職員の胸をもむ 診療報酬不正事件

 沖縄署と沖縄県警捜査一課は11日、20代女性の胸をもむなどのわいせつ行為をしたとして、沖縄市内の産婦人科クリニック院長で医師の男(52)を強制わいせつ容疑で再逮捕した。医師の男は10月に、虚偽の診療報酬明細書(レセプト)を作成し、全国健康保険協会から現金約82万円をだまし取ったとして、詐欺容疑で逮捕されていた。

 院関係者によると、被害女性は当時、クリニックに勤務していた女性職員で、昨年中に沖縄署に被害届を提出していた。

 再逮捕容疑は2020年8月23日、本島中部の病院内で、被害女性の着衣の上から胸を数回もむなどのわいせつな行為をした疑い。

<関連記事>

「院長の指示は絶対」...産婦人科医の詐欺疑い逮捕 元職員が目の当たりにした不正

「分娩」を「緊急手術」に、投薬してない薬を記載…院内資料から分かる改ざんの手口

自然分娩なのに「帝王切開」診療報酬不正…詐欺容疑で医師逮捕 沖縄県警

性的被害、社会運動でも…寝室侵入された女性「ほとんどが泣き寝入り」

教員わいせつ被害で女子生徒死亡 高校は自殺の原因「不明」と県に報告



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス