スポーツ

斎藤佑樹さん「1番つらいと思ったことは」子どもたちにメッセージ 沖縄で12月イベント

12月に沖縄アリーナで開かれるイベントに参加する元プロ野球選手の斎藤佑樹さん=27日

 今シーズン限りでプロ野球を引退した斎藤佑樹さんが、12月20、21の両日に沖縄アリーナで開催されるイベント「アスティーダフェスティバル」の対談企画に参加する。11月27日、オンライン取材に応じた。

 沖縄の印象について「人が優しくて、ほっこりした場所と思う。プロ1年目から名護市のキャンプに参加し、たくさんの子どもたちが手を振ってくれたのが印象的だった」と話した。

 今回で対談で触れるけがとの向き合い方について「プロに入ってから長いこと、けがを抱えながらプレーしてきた。1番つらいなと思ったのは、自分が(周りから)どう見られているかを気にしてしまうこと。そうなるとよくない。プレーヤーとしてやるべきことだけを考えるように意識してきた」と語った。

 プロで印象に残っている試合に、2年目の2012年、開幕投手として完投勝利した試合を挙げた。スポーツをする少年少女に向け「競技をやり続けることが大事。報われる瞬間が来ることを知ってほしい。こつこつやること、形になるまで継続してほしい」とメッセージを送った。

 対談は12月20日午後5時半から。琉球アスティーダの早川周作社長とスポーツ整形外科医の岩本航さんも交え、「トップアスリートから未来の子供たちへ~ケガとの向き合い方を語る~」と題して語り合う。


 

▼国頭でキャンプ入りした時の斎藤佑樹さん

▼【写真特集】オリ宮城、西武平良、山川…沖縄出身プロ野球選手、高校時代の熱闘

▼苦しい生活の中、支えた両親へ恩返しの一歩 オリックス1位指名の宮城大弥

▼ドリカムの沖縄アリーナライブ来春に 

▼福原愛さん、社外取締役に就任へ 卓球・琉球アスティーダ



関連するニュース








  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス