国際

「メタバース」で広がる未来 実現への課題は【WSJ厳選記事】


BY SARAH E. NEEDLEMAN
2021 年 10 月 20 日 02:13 AM 更新プレビュー


メタバース内では世界のどこに住んでいようとクラスの生徒が集まり、古代ローマを見学することが可能だ ILLUSTRATION: ANTON EGROROV FOR THE WALL STREET JOURNAL

現実世界を正確に映し出すだけでなく、さらにそれを拡張し、今まで想像するだけだった人物になり、行動する世界をハイテク業界の先見者たちは予想する

文明の黎明(れいめい)期以来、人間の生きる世界は一つしかなかった。それは現実の世界だ。だがハイテク業界の先見者たちは、われわれが間もなく別の選択肢を持つと語っている。つまり、われわれ自身や周囲の人々のデジタル・アバターが、それぞれのコミュニティーや世界各地で、一緒に働いたり、買い物をしたり、授業を受けたり、趣味を追求したり、交流を楽しんだりする仮想世界だ。

その世界の感覚を、われわれは没入型ビデオゲームやバーチャルコンサートで味わうことができる。だが「メタバース」と呼ばれるこの仮想空間は、はるかに人を引き込む強力なものになると先見者たちはみている。複雑な三次元(3D)の世界で現実世界を正確に映し出すだけでなく、さらにそれを拡張し、今まで想像するだけだった人物になり、行動するのだ。パジャマ姿で月面を歩いたり、ピッチャーズマウンドから野球を観戦したり、ユニコーンの群れがいる草原ではしゃぎ回ったり、あるいは自分自身がユニコーンになったり。メタバースではあらゆることが可能になると、ハイテク業界の先見者は語る。


メタバースでは仮想ペットが売買されるかもしれない。ユニコーンもその一つだ

「メタバースは世界がこれまで経験した最大のコンピューティング・プラットフォーム革命になるだろう。モバイル革命もウェブ革命も超えるような」とユニティ・ソフトウエア(本社・サンフランシスコ)のマーク・ウィッテン氏は言う。同氏の肩書は「シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネジャー・オブ・クリエイト」だ。

ユニティは、メタバースのコンテンツを作成するためのツールやサービスを構築している。このほか大手ハイテク企業も、メタバースやその中にある独自の仮想空間に向けたハードウエアやソフトウエアを開発中だ。例えば、半導体大手エヌビディア、ゲーム総合サイト大手ロブロックス、人気ゲーム「フォートナイト」の開発元エピック・ゲームズや、マイクロソフト、フェイスブックなどだ。

「メタバースは次世代のインターネットになるとともに、われわれの企業としての次のステップになるだろう」。フェイスブックのマーク・ザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は7月のアナリスト向け決算説明会でこう語った。「当社を主にソーシャルメディア企業と見なす人々が、今後数年間でメタバース企業と見なすようになる」

この広大な新領域への参入には、スマートフォンやコンピューターといったありふれた端末を使う可能性もあるが、ハイテク企業幹部は専用のメガネ型端末を使うことで没入感を高められると話す。現在市販されている仮想現実(VR)ヘッドセットに似ているが、よりかさばらず、より快適なものだという。また仮想物体を感じられる触覚機器や、人間の身体活動をシミュレートできる全方向トレッドミル(ランニングマシン)のようなハードウエアも今後種類が増えていくだろう。

ただ、メタバースが軌道に乗るためには、既存のコンピューターシステムや技術をアップグレードする必要があると、業界幹部は口をそろえる。より高度な計算能力や高品質のグラフィック、さらにはメタバースのある部分から別の部分へとシームレスに移動するための普遍的フレームワークといったものだ。また熟練した開発者だけでなく、誰もが独自の仮想空間や体験を生み出せるような単純なプログラミングツールが、同様に不可欠だという。

プライバシーや安全性の懸念にも対応する必要がある。メタバースの潜在的な落とし穴として、人々が仮想世界に入れ込みすぎ、現実世界の必要性を顧みない事態が起こり得る。

「従来の生活よりもそちらを好む可能性がある」。ゲーマーの精神衛生を研究するカナダの心理学者レイチェル・コワート氏は、メタバースについてこう語る。子どもは一段とリスクが高いという。「この世界での振る舞い方や関わり方を、子どもは主に仲間や社会的交流を通じて学ぶ。それは一人前になるための決定的要素だ」

だが良くも悪くも(恐らくその両面で)、メタバースはわれわれの行く手に現れるだろう。

どこへでも、どんな時代にも

メタバース構築を支援するハイテク企業幹部によると、メタバースは非常に広大で、現実世界の過去、現在、未来にある場所のレプリカが全て、リアルに見える3Dで表現されている。また同時にサポートできるユーザーの数は無制限で、マルチプレイヤーゲームに参加する際のような時間のズレにいら立つこともない。

例えば、クラスの生徒が何人だろうが、世界のどこに住んでいようが、集まって古代ローマの見学旅行に出かけられると、エヌビディア幹部のリチャード・ケリス氏は言う。同氏はメタバースのインフラ事業「Omniverse(オムニバース)」を監督する立場にある。オムニバースは、世界中の開発者がリアルタイムで協力し、メタバースのコンテンツ作成ソフトウエアを構築するプラットフォームとなるものだ。見学旅行では、生徒が古代ローマの円形闘技場遺跡「コロッセオ」を隅々まで見られるほか、人工知能(AI)を搭載した仮想剣闘士が目の前で質問に答えてくれる。

メタバースでは、人々はアバターの形で互いの姿を見たり、交流したりする。だが期待されるグラフィックの進歩によって、それはVR愛好家が見慣れている漫画っぽいアバターではなく、はるかに実物に近い姿になると、ソーシャルテクノロジー開発会社トゥギャザー・ラブズ(本社・カリフォルニア州パロアルト)のダレン・ツイCEOは言う。アバターは故人(家族や友人、歴史上の人物など)を表すこともでき、AIの助けを借りれば、故人が生き返ったように思わせることもできる。

「アバター体験は、仮想会議と現実の会議の区別がつかないほどリアルなものになるだろう」とツイ氏は語る。「そして仮想体験はもっと向上する」

仮想のペット、結婚式、観光

メタバースでは商取引も行われると、フランスの市場予測会社ラトリエBNPパリバのジョン・イーガンCEOはみている。同氏が想定するのは、例えば、仮想ペット――本物そっくりの犬や猫、さらにはドラゴンなど空想上の生き物――を売買することだ。また、現実世界の動物と同様に、ペットの散歩やお手入れなど関連サービスの市場も予想している。

イーガン氏によれば、その他の潜在的なビジネスチャンスとして、仮想の結婚式やパーティーがある。提供会社はメタバース内に会場を作り、レンタル料や入場料を徴収する。同様に、顧客を連れて仮想上の観光地に出かけるプライベート・ツアーガイドも考えられる。「可能性は無限にある」と同氏は言う。

メタバースの起業家は現金を扱わないとみられている。取引にはクレジットカードやペイパルのようなオンライン決済サービスが使われるかもしれないが、イーガン氏によると、暗号資産(仮想通貨)とブロックチェーン(分散型台帳技術)が主要な役割を果たす可能性が高い。例えば、デジタルアートの所有権を認証する「NFT(非代替性トークン)」のように、仮想ペットにも認証済みの「仮想DNA」が付与される可能性がある。その結果、速さに優れた仮想動物を「繁殖」させ、仮想レースや仮想ギャンブルを行うことも可能だと同氏は指摘する。


企業はメタバースの共有3D環境を利用し、現在の技術では不可能な方法で従業員に共同作業を行わせる可能性がある

企業の「メタバース戦略」

現実世界の企業は、従来型施設の仮想バージョンを提供することで、メタバースに参画できると、ユニティのウィッテン氏は話す。既存のオンライン店舗では、商品の説明を読んでから購入するが、メタバースの場合、仮想上の小売店舗を訪れ、実物大商品を3Dで試してから購入できる。

同様に、不動産業者がメタバースを活用すれば、転居先を探す人が自宅にいながら世界中の物件を仮想見学できるようになると、エヌビディアのケリス氏は話す。物件の一つ一つの部屋を見て回れるほか、手持ちの家具をスキャンしてアップロードし、室内でどのように見えるかも確認できるという。

「フォーチュン1000企業が今後、こぞってメタバース戦略を立てるだろう」とユニティのウィッテン氏は言う。

雇用主はメタバースの共有3D環境を利用し、遠く離れた従業員たちに現在の動画技術では不可能な方法で共同作業を行わせると、ハイテク業界の先見者たちは予想する。例えば、建築家や建設会社幹部は、現実世界のどこにいても、仮想空間の現場を訪れ、非常にリアルな3Dで表現された新しいビルの建設状況をチェックできる。

「メタバースは、リモートワークを飛躍的に向上させる」とウィッテン氏は言う。「今より早く、安全かつ安価に設計・構築できるようになるだろう」




(c) 2021 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved Worldwide.


■ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)について
琉球新報デジタルサービスWSJ特設ページ-琉球新報WebNews購読会員なら追加料金なしに米最大の日刊経済紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)オンラインが購読できます

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス