教育

「豊見城のスパイダーマン」ランドセル20個、新1年生へプレゼント

山川仁市長(左)らに「子どもたちのために」とランドセルを託すスパイダーマン(中央)=9日、豊見城市役所

 【豊見城】豊見城にまたスパイダーマン現る―。アメリカのスーパーヒーロー「スパイダーマン」が9日、市役所に山川仁市長らを訪ね、クリスマスプレゼントとして来年度に入学する小学新1年生のためにランドセル20個を寄贈した。スパイダーマンは「豊見城のスパイダーマンだ」と伝えて、「子どもたちに少しでも夢と希望を与えたい」と張りのある声で山川市長にランドセルを渡した。

 サンタクロースの帽子をかぶって市長室を訪ねたスパイダーマン。昨年12月にも市役所に現れ、サージカルマスク200枚を置いて立ち去ったが、「あれはニューヨークからやってきたスパイダーマンだ。私は豊見城のハリウッドからやってきた」と、スパイダーマンが世界各地に潜んでいることを明らかにした。

 スパイダーマンは「豊見城は子どもが多い街と聞いている。少数意見を大切にする市長だから、子どもたちの意見を街に反映してくれるはずだ」と期待する。山川市長は「『親愛なる隣人』からいただいた言葉を胸に刻み、大切にしたい」と答えた。

 市は市社協と連携して貧困世帯の新1年生を迎える子どもにランドセルを寄贈するという。

 (金城実倫)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス