政治

桑江さん「躍動し安心する市つくる」 沖縄市長選一騎打ち、支持者ら出陣式で勝利誓う

 【沖縄】17日に告示された沖縄市長選は、市政刷新を目指す新人の森山政和さん(73)と市政継続を訴える現職の桑江朝千夫さん(66)が立候補し、一騎打ちの構図となった。17日の出発式・出陣式で両候補は、多くの支持者の声援を受けてマイクを握りしめ、勝利を誓った。貧困対策や中心市街地の活性化など、さまざまな政策を訴える選挙戦が幕を開けた。('22沖縄市長選取材班)


ガンバロー三唱で気勢を上げる桑江朝千夫さんの支持者ら=17日、沖縄市の胡屋十字路(ジャン松元撮影)

 桑江朝千夫さん陣営の出陣式は午前8時半から、胡屋十字路で開かれた。イメージカラーの青色の旗や、鉢巻きをした支持者が交差点の四隅に詰めかけた。マイクを握った桑江さんが市政継続を誓うと、支持者から拍手や指笛が湧いた。

 応援に駆けつけた西銘恒三郎沖縄担当相は、「桑江市長は予算折衝でも粘り強く、ニコニコしながら後に引かない」と桑江さんの人柄が分かるエピソードを披露し、支持を呼び掛けた。

 桑江さんは「一緒になって明るく、躍動する、安心する沖縄市をつくろう」と声を振り絞ると、支持者が太鼓や拍手でエールを送った。演説を終えた桑江さんは、交差点の四隅に集まった支持者らに駆け寄り、グータッチを交わした。支持者からの声援に見送られながら遊説へと出発した。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス