社会

『パン、パン』と大きな音 うるま市石川の民家で火災、男性1人の遺体発見 

民家の消火活動にあたる消防士ら=16日午後9時半ごろ、うるま市石川

 16日午後8時10分ごろ、うるま市石川で「隣りの家が燃えている」などと119番通報があった。この火災で木造平屋建て住宅3棟が全焼し、焼け跡から男性1人の遺体が発見された。翌午前0時25分ごろ、鎮火した。

 石川署によると、全焼した住宅1棟に住む70代男性の1人と連絡がつかないという。同署は遺体の身元特定を急ぐとともに、消防と火災の経緯を詳しく調べている。

 火災を目撃した隣人の男性は「『パン、パン』と大きな音がしたので外に出ると、すごい煙だった。近くにいた人たちと、バケツリレーで水を掛けたが追いつかず、火は建物の倍の高さまで燃え上がった」と話し、不安そうに消火活動を見守った。



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス