社会
沖縄の事件・事故

「生命を守る消防職員が…」消防長が謝罪 国頭ひき逃げ死亡事件で消防士逮捕受け

職員の逮捕について謝罪する稲福伸消防長(左から3人目)ら=30日午後、国頭村の国頭地区消防本部

 【国頭】国頭村の県道70号で、職業不詳の男性(29)がひき逃げされ亡くなった事件で、国頭地区行政事務組合消防本部の消防士の男(41)が緊急逮捕されたことを受けて、同本部は30日午後4時半から記者会見を開いた。

 稲福伸消防長は「被害に遭われお亡くなりになった被害者、ご親族の皆さまに心よりおわび申し上げる。生命を守る消防職員がこのようなことを引き起こし、県民や関係者に多大なご迷惑をお掛けして、誠に申し訳ない。今後二度とこのようなことを起こさないよう法令を順守し、信頼回復に努める」と謝罪した。

 

【関連記事】

▼【事故の一報】道路に引きずられた痕跡…ひき逃げか

▼被害男性は旅行中か 「町へ行きたい」日没後に徒歩で安波方面へ 国頭ひき逃げ死亡

▼道路補修工事中のダンプカーと衝突 軽自動車の女性が死亡 沖縄自動車道

▼オープンカーが海で爆発・炎上…干潟に侵入し立ち往生 

▼高校生を大麻所持容疑で逮捕 沖縄県警

▼沖縄の未成年に急増、薬物依存のワナ 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス