社会

沖合に身元不明の遺体 うつぶせで漂流、死後数日が経過か 沖縄・名護市

 6日午前10時半ごろ、名護市安和の海岸から沖合約300メートルのところに、うつぶせの状態で海面に漂流する男性が発見された。消防によって男性は、同11時27分ごろ、現場で死亡が確認された。名護海上保安署によると、身元を示すものを所持していなかった。身長は約170センチで黒色のTシャツに黒色の水中マスクとシュノーケル、フィンを着用。死後数日が経過しているとみられる。同保安署は事件事故の両面で調べを進めている。情報提供は名護海上保安署(電話)0980(53)0118。

▼沖縄で起きた事件・事故

【関連記事】

▼人気漫画「遊戯王」作者・高橋和希さんが沖縄・名護で死去

▼漫画「遊戯王」作者の高橋さん死因は溺死 死後についたサメの咬傷あとも

▼沖縄沖で漂流の米国人家族を救助 フィリピンからカリフォルニアに向かう途中

▼21年の沖縄県内の水難事故94件 前年比で9件増

▼「1メートルも進まない」…リーフカレント、体験してわかる怖さ



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス