地域

「バネ人間」外間さん、小学生の頭上までジャンプ 久米島でのパフォーマンスに児童ら沸く 沖縄

子どもたちの頭上を飛び越えるパフォーマンスを見せる外間友喜さん=12日、久米島ホタルドーム

 【久米島】バネ人間スポーツ教室in久米島(主催・アスリート工房)が12日、久米島ホタルドームで開かれた。アスリート工房代表の譜久里武さんが久米島の子どもたちの競技力向上につなげることを目的に企画して、約40人が参加した。

 「バネ人間」として動画投稿アプリTikTok(ティックトック)で大人気の、外間友喜さん(アスリート工房所属)が講師を務めた。七つ並べた椅子や子どもたちの頭上を飛び越えるパフォーマンスを見せ、会場を大いに沸かせた。ミニハードルを跳ぶ練習に取り組む子どもたちに、外間さんは「体を大きく使ってジャンプ」と笑顔でアドバイスした。

 久米島小6年の児童は「腕を使ってジャンプする練習は走ることにもつながった」と語った。別の3年生の児童は「バネ人間のジャンプ力がすごかった。走るのが楽しくなった」と目を輝かせた。

 外間さんは「子どもたちの指導を通して自分も楽しめた」と振り返る。「真面目に練習すれば必ず速くなる。かっこいい選手になってほしい」と子どもたちを激励した。
(中島徹也通信員)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス