政治

西銘沖縄相、旧統一教会との関係を改めて否定 「献金、イベント出席、選挙中にスタッフ協力を得たことはない」

旧統一教会との接点について改めて会見で否定した西銘恒三郎沖縄担当相=2日、東京

 【東京】西銘恒三郎沖縄担当相は2日の閣議後会見で、政治問題化している世界平和統一家庭連合(旧統一教会)との関わりについて「献金あるいは主催のイベントなどへの出席、選挙中にスタッフとして協力を得たことはないと認識している」と改めて否定した。

 西銘氏は、記者団から「教団との関係、接点」を問われて答えた。その上で、政治活動や選挙での「基本的な考え方」とし、「多くの個人、あるいは企業団体と接している。選挙において応援してくれる方には感謝の気持ちで接している。常識の範囲で接し、対応しているところだ」とした。

 記者団からは教団と岸信夫防衛相ら現役閣僚や別の自民党議員との接点が明らかになっていることへの認識も問われた。西銘氏は「それぞれの先生方が説明をしてくれるものと考えている」とした上で、「違法行為があったり、反社会的な行動があったと分かった時点で距離を取るのかな、と一般論として考えている」と述べた。
(安里洋輔)

【関連記事】

▼【一覧表あり】沖縄3議員、旧統一教会と関係 国場、島尻、比嘉氏が催しに参加 島尻氏は衆院選推薦も

▼【深掘り・回答全文の表付き】旧統一教会と沖縄の国会議員との関係は? 政治と宗教の微妙な距離感

▼【独自】旧統一教会団体の会合、沖縄の政治家が参加 知事選立候補予定者の佐喜真氏も

▼「旧統一教会と認識せず」沖縄知事選立候補予定の佐喜真氏、関連団体会合への出席で声明

▼玉城沖縄県知事、旧統一教会との関わり「一切ない」



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス