社会

差出人不明…豊見城市に職員推薦求める文書 採用試験に制度なく、市は関与せず 警察に被害届を提出 沖縄

豊見城市役所

 【豊見城】豊見城市は8日、差出人不明の「新採用職員推薦について」と題する文書が届いたと市ホームページで発表した。市によると、文書は少なくとも23通郵送され、市の管理職宛て。個人名は明記されていない。職員として採用したい人がいれば、推薦するよう求める文書などがあった。

 だが、市職員採用試験ではそのように誰かを推薦する仕組み自体がない。

 市は文書に一切関与しておらず「行政に対する信用失墜や業務混乱を招くことにつながる」として、豊見城署に被害届を提出し、受理されたという。 (照屋大哲)

【関連記事】

▼電力会社を装った偽の「送電停止」SMS…沖縄電力が注意呼び掛け

▼「あなたの口座が犯罪に」海外の警察組織を名乗り1100万円をだまし取る

▼那覇市を名乗る不審メールに注意 市「添付文書やリンク開かないで」

▼日医かたる偽メールに注意を コロナ「感染状況のお知らせ」

▼銀行装う偽メール、詐欺の恐れ アクセスしないで



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス