社会

直営店で時間外も抗原検査キットを販売 県薬剤師会

医療用抗原検査キットの準備をする県薬剤師会の前濱朋子会長(右)と吉田典子薬事情報センター長=11日、南風原町の会営薬局・医療センター前

 県薬剤師会は、直営の薬局を土日祝日や平日の時間外に開け、医療用抗原検査キットを販売している。11日、南風原町の薬局では朝から電話が鳴りやまず、多くの人が買い求めていた。

 県薬剤師会によると、7月20日以降、国の買い占めもあり、抗原検査キットの不足が続いていたが、同会は医薬品卸売業者から大量に仕入れ、8月6日から時間外も含め販売を始めた。

 1個2千円で、販売場所と時間は、南風原町の「会営薬局・医療センター前」で土日祝日午前9時~翌日午前0時。平日午前10時~午後3時、午後7時~翌日午前0時。西原町の「会営薬局・うえはら」で土日午前10時~午後3時、平日午前8時半~午後6時半。訪問前の電話を呼び掛けている。医療センター前は(電話)098(963)8940。うえはらは(電話)098(946)1185。

 同会の前濱朋子会長は「PCR検査も予約がいっぱいで不安な人もいると思うが、まずは落ち着いて対応していただきたい。薬剤師会のホームページには、解熱に使える市販薬の情報も載せているので参考にしてほしい」と話した。県は、検査感度を上げるため、発症2日目から4日目の実施を呼び掛けている。 (中村万里子)



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス