社会
沖縄の事件・事故

停車中の車に追突、パトカーなど3台が玉突き事故 酒気帯び運転の容疑で米兵を逮捕 沖縄署

 沖縄署は14日、沖縄市山内の県道85号で酒気を帯びた状態で車を運転したとして、道交法違反(酒気帯び運転)容疑でキャンプ・シュワブ所属の米海兵隊伍長(21)を逮捕した。同容疑者は停車中の車に追突し、パトカーを含む車3台が絡む玉突き事故を起こした。けが人はいない。

 逮捕容疑は14日午前7時20分ごろ、沖縄市の県道で基準値(呼気1リットルあたり0.15ミリグラム)の約3倍のアルコールを帯びた状態で車を運転した疑い。



▼「ソーダ飲んだと思った」「早く帰りたかった」米兵2人を酒気帯び運転容疑で逮捕

▼自転車が転倒、男性が死亡 百名ビーチ向けの路上

▼自衛官を酒気帯び運転容疑で逮捕 対向車と接触事故「酒、抜けていると思った」

▼発覚恐れアルコールの記録紙を飲み込む 酒気帯び運転、米兵に有罪判決

▼沖縄で起きた事件・事故



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス