社会

信号待ちのダンプカーにダンプカーが追突 追突した運転手は病院に搬送 沖縄・名護市の国道

事故の衝撃で激しく変形したダンプカー=22日、名護市

 22日午前7時半過ぎ、名護市港の国道58号で「ダンプカー同士の事故が発生し、運転手が頭から出血し、運転席に挟まれている」などと119番通報があった。

 名護署と名護市消防本部によると、港1丁目の交差点で同市宮里方面から市東江向けに進行中のダンプカーが、信号待ちをするダンプカーに追突した。追突したダンプカーの男性運転手はドクターヘリなどで本島中部の病院に搬送された。命に別条はないという。

 現場は名護市役所や市民会館の近くで、バス停などもあり、交通量の多い交差点。事故発生直後に現場を訪れた男子高校生(16)は「砂利が交差点いっぱいに散らばっていた」と心配そうに話した。


【関連記事】

▼【写真】2階駐車場から車が落下 沖縄・那覇市の国道が一時通行止め

▼オープンカーが海で爆発・炎上…干潟に侵入し立ち往生 

▼被害男性は旅行中か 「町へ行きたい」日没後に徒歩で安波方面へ 国頭ひき逃げ死亡

▼道路補修工事中のダンプカーと衝突 軽自動車の女性が死亡 沖縄自動車道



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス