社会

少年車内で熱中症死、放置した重過失致死容疑の友人19歳男性を保護観察処分に 那覇家裁

那覇家庭裁判所(資料写真)

 沖縄本島南部の駐車場で昨年7月、車の助手席で寝込んだ少年=当時(18)=が熱中症で死亡した事件で、那覇家裁(島尻香織裁判官)は22日、少年を車内に放置して死亡させたとして、重過失致死の疑いで送致された友人の男性(19)を保護観察とする処分を決定した。家裁は決定理由を明らかにしていない。

 事件は昨年7月11日に発生。関係者によると、男性は同日午前、亡くなった少年を車に乗せて自宅の駐車場まで移動し、少年を車内に残したまま帰宅した。県警は昨年12月、男性を重過失致死容疑で書類送検した。


▼沖縄で起きた事件・事故

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス