社会

中学生に暴行、仲裁に入った男性をハンドグリップで殴る…容疑で男を逮捕 「正当防衛だ」と否認 沖縄・浦添署

 沖縄県警浦添署は5日、帰宅途中だった浦添市の男子中学生(14)に因縁をつけ胸を殴るなどの暴行をしたほか、仲裁に入った浦添市の男性(62)の頭をハンドグリップで殴りけがを負わせたとして、暴行と傷害の容疑でいずれも自称の浦添市沢岻の音楽家の男(46)を逮捕した。「正当防衛だ」などと容疑を否認している。


▼沖縄で起きた事件・事故

【関連記事】

▼キャリーバッグをバイクに投げ付け…運転手の顔に当たり転倒 傷害容疑で観光客を逮捕

▼90代の母親の顔や胸を踏みつける…容疑で男を逮捕

▼バーに居合わせた男性の頭をカウンターに…暴行容疑で米兵を逮捕

▼干支の泡盛を押し売り、恐喝容疑で暴力団組員を逮捕 他にも同様の被害相談

▼「外で物を壊すような音が」…車10台以上のサイドミラーが壊される

 



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス