社会

「カッとなってやった」沖縄県庁職員の男を逮捕 妻に顔面打撲など暴行容疑 豊見城署

豊見城警察署(資料写真)

 沖縄県警豊見城署は13日、40代の妻に顔面打撲などのけがを負わせたとして、傷害容疑で県商工労働部職員の30代の男を逮捕した。「カッとなってやった」などと容疑を認めている。逮捕容疑は13日午後10時45分ごろ、豊見城市内の民家で妻の顔を殴るなど暴行を加え、けがを負わせた疑い。

 豊見城署によると、飲酒して帰宅した男が妻と口論になった。妻から「旦那に殴られた」と通報があり駆け付けた警察官が赤く腫れ上がった妻の顔を確認したという。県商工労働部の松永享部長は「事実確認の把握に努め厳正に対処する」などとコメントした。



▼沖縄で起きた事件・事故

【関連記事】

▼17歳から6年続いたDVから逃れ「助ける側」に 「自分が変われば、未来変わる」

▼沖縄のDV被害相談1939件 9割以上が夫や男性パートナーからの暴力

▼「次の被害者は私かも」米兵DVにおびえる女性 軍の接近禁止令も歯止めならず

▼90代の母親の顔や胸を踏みつける…容疑で男を逮捕 沖縄・名護署

▼DV被害者を包括支援 豊見城市役所に窓口開設



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス