社会

ヘリパッドの影響審議 県環境影響評価審査会

東村高江の米軍ヘリパッド建設問題について審議する県環境影響評価審査会=26日、宜野湾市のカルチャーリゾートフェストーネ

 県は26日、環境影響評価審査会(会長・宮城邦治沖国大名誉教授)の本年度第7回会合を宜野湾市内で開き、東村高江周辺の米軍北部訓練場内でのヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設について、沖縄防衛局の事後調査報告書や知事への答申案を審議した。

 委員からは運用されている「N4」地区のヘリパッドが茶色に変色していたことについて「オスプレイの熱風や風圧が危惧される」との指摘が上がった。また高江の住民2人から赤土防止対策を求める意見なども出た。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス