社会
沖縄の事件・事故

野菜を仕入れたように装い316万円をだまし取る 詐欺罪で農業法人元役員を起訴 那覇地検名護支部

那覇地検名護支部などが入る名護地方合同庁舎

 那覇地検名護支部は21日までに、野菜を仕入れたように装い、虚偽の仕入れ表を提出するなどし、現金計約316万円をだまし取ったとして、詐欺罪で恩納村の農業生産法人「かりゆし福寿ファーム」の元取締役で、造園作業員(52)=同村=を起訴した。16日付。地検は認否を明らかにしていない。

 起訴状によると、2016年1月~22年3月、野菜を仕入れたように装ったり、農家から立て替え払いで購入したように装ったりして、虚偽の仕入れ表や領収書を提出するなどして現金計約316万円をだまし取ったとしている。




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス