社会
沖縄の事件・事故

右折の車を避けようとしたバイクが転倒、けが 車の運転手は救護措置をせず走り去る 沖縄署がひき逃げとみて捜査

 21日午後7時45分ごろ、沖縄県沖縄市高原の市道を直進していたバイクが、交差点を右折する軽自動車を回避しようとし、転倒した。

 この事故でバイクを運転していた公務員の男性(55)が打撲や擦過傷(すり傷)を負い、本島中部の病院に搬送された。命に別条はない。

 沖縄署によると、バイクと車の接触はなかったとみられる。車の運転手は救護措置などを行わずに現場から走り去ったことから、同署はひき逃げとみて、車の行方を追っている。

【関連記事】

▼現場に残ったスマホを手掛かりに…無免許で当て逃げ、容疑でバイクの男を逮捕

▼前方の車の車線変更で…バイクの転倒相次ぐ ひき逃げ事件で捜査 沖縄・那覇署

▼交通違反に友人の免許証提示、署名も偽造…無免許で運転「摘発を免れたかった」

▼【現場の写真】車道に頭から血を流し倒れた男性…ひき逃げ事件で捜査 沖縄・豊見城署

▼車2台が相次いでひき逃げ、バイクの男性がけが 沖縄・石垣市



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス