社会

沖縄コロナ659人、医療フェーズ上げ(12月1日朝まとめ)

新型コロナウイルスの電子顕微鏡写真(米国立アレルギー感染症研究所提供)

 沖縄県は30日、県内で新たに659人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。入院患者の増加に伴い、県は12月1日から本島圏域と八重山圏域の医療フェーズを4に引き上げると発表した。

 【増えた?減った?ひと目でわかる】新型コロナ最新情報

 年代別の新規感染者は30代が108人と最多で、続いて20代97人、10代91人、50代82人、40代79人などとなっている。重症化リスクのある発生届け出対象者は120人だった。

 入院患者は160人で県全体の病床使用率は25・6%。圏域別の病床使用率は本島26・8%、宮古8・1%、八重山25・0%だった。

 医療フェーズは本島が3B(確保病床286)から4(同421床)へ、八重山が2(同12床)から4(同28床)へと変更となる。

 (嘉陽拓也)

【関連記事】

▼尾身会長、沖縄県のコロナ対策本部を視察 那覇

▼コロナ警戒指標の見直し議論 沖縄県の専門家会議 病床使用率、社会経済活動への影響含め判断

▼沖縄コロナ前週比1.5倍 約40日ぶり500人超す(11月24日朝)

▼沖縄、ワクチン広域接種の予約率上昇 11月は83%で9月の2倍超

▼第7波を超える感染拡大も…コロナとインフル同時流行に備えておくべきこ




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス