社会

沖縄も寒波と強風、最低気温5.2度 国頭・奥で観測、前日より11度低く きょう25日朝も10度下回る見込み

強い風が吹く中、写真を撮影する観光客たち=24日午後3時20分ごろ、北谷町美浜(小川昌宏撮影)

 今季最強の寒波の影響で全国的に冷え込んだ24日、沖縄地方は25観測地点のうち24地点で今季最低気温を記録した。国頭村奥では午後9時54分に前日より11.3度低い最低気温5.2度を記録するなど少なくとも21地点で10度を下回った。最大瞬間風速は南城市糸数で午後4時17分に27.4メートルを観測し、8地点で1月の観測史上最大だった。寒さのピークは25日朝までとみられている。

▼24日は半日で一気に6度低下 深夜20度→午後13.6度、強風も

 沖縄気象台によると、25日は寒気の影響で曇りや雨となる見通し。同日朝は名護で8度、那覇で10度、久米島で9度の最低気温を予測している。朝は北の風が強く吹き、沿岸海域はうねって25日にかけて大しけになる見込み。

 気象台によると、大陸にある高気圧の勢力が強まって気圧の傾きが大きくなり、寒気が吹き込んだ。24日の最高気温は各地で20度台だったが、日中でも気温は下がり続けた。沖縄地方は数年に一度の寒さになる見通し。気象台は25日朝まで高波に警戒するよう呼び掛けている。

 県内各地では、厚手の格好で身をかがめながら歩く人々の姿が見られた。

(金良孝矢)

【関連記事】

▼「夏日のクリスマス」もある沖縄 実は意外と寒いその理由

▼ピンク色のコスモスが満開 沖縄もきょうから冷え込み予想

▼1月13日は暖かった…半袖でタンカン狩り 下地島では26度

▼沖縄でまっすぐの虹?  県庁上空で「環水平アーク」現象

▼沖縄にもあった!ウユニ塩湖のような風景




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス