社会
沖縄の事件・事故

所得隠し2億円余、約8500万円を脱税 沖縄国税事務所が業者の夫婦を告発 所得税法違反疑い

イメージ

 沖縄国税事務所は25日、所得税約8500万円を脱税したとして、沖縄市の内装業男性(59)と従業員の妻(52)を所得税法違反の疑いで、那覇地検にそれぞれ告発したと発表した。告発は2022年6月2日付。

 夫妻は共謀の上、17~19年分の確定申告で売上金額の一部を除外し、所得合計約2億1700万円を隠して所得税約8500万円を脱税した疑い。沖縄国税事務所は租税犯罪の予防や納税意識の向上を目的に、17年6月から告発した全ての事案を公表することにしており、今回で5件目となる。

【関連記事】

▼沖縄の申告漏れ75億円 21事務年度、前年度より11%減 追徴税額は13億円

▼沖縄県内、国税滞納83億円 22%増、納期の延長が影響 21年度

▼3000万円の給付金詐欺、一部認める 元税理士、22人分の不正受給に関与

▼18歳少年、友人名義で口座や携帯契約 詐欺容疑で逮捕

▼SNSで仮想通貨の投資話を持ち掛けられ…女性が420万円だまし取られる

 




関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス