當山氏、港川氏が立候補を届け出 23日投開票の東村長選が告示


この記事を書いた人 Avatar photo 與那嶺 松一郎
立候補を届け出た當山全伸氏(左)、港川實登(右)

 【東】任期満了に伴う東村長選挙が18日午前、告示された。午前9時時点で届け出順に、いずれも無所属で、再選を目指す現職の當山全伸氏(74)、前村議会議長で新人の港川實登氏(71)の2氏が立候補を届け出た。村選管は午後5時まで立候補の届け出を受け付けるが、他に立候補の動きはなく、両氏の一騎打ちとなる見通し。投開票は23日。農業振興や村内3小学校の統廃合などが争点となる。

 3月1日時点の有権者数は1453人(男性797人、女性656人)。

 當山全伸氏(とうやま・まさのぶ) 1948年10月生まれ。村有銘出身。日大農獣医学部卒。73年に村役場入り、企画観光課長などを務め、2009年に退職。19年の村長選で初当選した。

 港川實登氏(みなとがわ・みつのり) 1952年2月生まれ。村高江出身。辺土名高卒。大阪府警退職後、村観光推進協議会理事長などを務め、2014年村議選で初当選。18年から議長1期。