prime

自由研究の進め方・まとめ方を知ろう!


自由研究の進め方・まとめ方を知ろう!
この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 自由研究を進めるにはどうしたらいいかな。計画の立て方、分かりやすいまとめ方を小中学生新聞「りゅうPON!」で連載中のヒゲミミズ(安座間安史)先生に聞きました。

ヒゲミミズ先生(安座間安史)

1954年生まれ。那覇市出身。琉球大学理学部生物学科卒。同大教職センター非常勤講師。沖縄生物学会員、日本土壌動物学会員

STEP1 研究テーマを決めよう!

 自由研究で一番重要なことは何について研究するかテーマを決めること。テーマ探しのポイントは身近な疑問や興味のあることを選ぶのがおすすめだよ。

 日頃生活している中で、「どうして?」とか「なぜ?」とか「本当かな?」と思ったことはないかな? 例えば、「セミの鳴き声は朝と夕方では違うようだな」とか「朝顔は何時に咲いて何時にしぼむのかな」とか。不思議に思ったことを書いておく「なぜなぜノート」を作っておくと、自由研究のテーマを選ぶときに便利だよ。

 でも、例えば「宇宙のヒミツに迫る」「宇宙人っているのかな」など、あまりに大きなテーマを選ぶと実験や観察するときに、行き詰まってしまう。計画倒れになってしまいそうなテーマは避けたほうがいいね。

 テーマを決めたら、その分野について資料を読んだり、インターネットで調べたりして予備知識を深めよう。

ヒゲミミズ先生からのアドバイス★

この研究をやろうと思ったきっかけや疑問に思ったことを箇条書きにしよう

このテーマに関する資料を探して、予備知識を深めよう

STEP2 研究目的はハッキリと!

 テーマが決まったら、より具体的な「ねらい」を決めよう。例えば、「アリの研究」だけではふわふわとしているね。そこでアリの何を調べたいのかを具体的に考えてみよう。どんな種類がいる? 何を食べるの? どういうふうに行動するの? 何を詳しく知りたいのかを箇条書きで書いてみよう。

 調べたいことを決めたら、研究の目的をはっきりさせよう。調べたいことやものについて、図鑑やインターネットで調べてみると、どこまで分かっていて何が分からないかに気付くはずだよ。その上で、自分が何を知りたいのかをはっきりさせよう。これを研究の目的というよ。目的はあまり難しくならないように簡潔に書くといいよ。

ヒゲミミズ先生からのアドバイス★

「何を知りたいのか」を具体的にしよう

目的は簡潔に!箇条書きにしよう

STEP3 研究の進め方を考えよう

 テーマや研究目的が決まったら、どのように実験・観察をしたら結果が出せるかを考えよう。実験や観察は別の人が同じ方法で再現できるように、写真やイラストを使って分かりやすく説明する必要があるよ。

 そして必要なものの準備、調べる期間、まとめに必要な時間を考えて計画も立ててみよう。失敗したり、まとめに時間がかかることを考えて、余裕をもった計画を立てるのが大切だよ。

 できるだけ自分で予想や仮説を立てるようにしよう。実験や観察の結果がどうなるか考えておくと、調査方法の検討や考察の内容が深まるよ。自分で考えた後は、先生やおうちの人に相談するのも忘れずに。

ヒゲミミズ先生からのアドバイス★

研究目的を明らかにする上で適切な実験・観察方法を考えよう

実験・観察方法は別の人が同じ方法で再現できるように、分かりやすく説明するのが重要

実験・観察の結果を、自分で予想し仮説を立てよう

STEP4 実験・観察を進める

 自由研究で大事なことはデータを集めること。事前に、測定・観察項目・日時・結果などを書くスペースを準備した「観察・記録ノート」を作っておくとデータの取り忘れを防げるよ。実験や観察の道具は誰が見ても分かるように図を書いたり写真を撮っておくといいよ。外で観察する場合は、調査した場所の地図やどのような場所なのかを写真やスケッチしておくと分かりやすいよ。

ヒゲミミズ先生からのアドバイス★

実験・観察の結果をきちんと記録しよう

STEP5 実験・観察結果の分析

 観察・記録ノートをそのまま自由研究として提出することもできるけど、せっかくなら整理して「少しかっこいい」自由研究のレポートにしたいもの。

 ノートの中身がある程度充実してきたら、どうやってレポートをまとめるか考えてみよう。集めたデータは表やグラフにまとめるのがおすすめだよ。どうやって表やグラフにまとめたらいいか分からないときにはおうちの人や先生に相談しよう。

 表やグラフから分かったことを箇条書きにしてみよう。また、自分が最初に立てた予想や仮説と比べてみよう。もし予想と違ったことが分かったのなら、なぜそうなったのか、自分の考えも書いておこう。自分の研究で分かったことと、図鑑やインターネットで調べて分かったことは区別して書くと分かりやすいよ。

ヒゲミミズ先生からのアドバイス★

観察・記録ノートの結果をグラフや表に整理してみよう

グラフや表から分かったこと(結果)をまとめよう

最初の予想・仮説と結果を比べ、その理由などをまとめよう

STEP6 レポートの作成

 レポートを整理するときには以下の項目ごとにまとめてみよう。

「はじめに」「研究の目的」「調査・観察・実験方法の説明」「結果」「考察」「まとめ」「反省や今後の課題」「参考文献」

レポートは項目ごとにまとめると分かりやすいよ。まとめ方の例を見てみよう!


中学年・高学年向け


低学年向け