社会

畑の植栽踏み倒す 米軍車、同経路で3回 北部訓練場付近

米軍の大型トラックが畑にはみ出して走行した跡を確認する東村の職員ら=19日午後3時10分、東村高江

 【東・国頭】19日に米軍北部訓練場のH地区ゲート付近の農道で、米軍の大型トラックとのすれ違いで住民の車が側溝に脱輪した件に関連し、6月17日と11月16日にも同型の米軍トラックが同農道を左折する際、畑に乗り上げ、赤土流出防止の植栽を踏み倒していたことが20日、分かった。ヘリパッド建設に反対する現地行動連絡会への取材で明らかになった。6月以降、少なくとも計3回は同型車両が同じ経路で畑の植栽を踏み倒した。

 東村から19日の脱輪などの情報を受けた沖縄防衛局は20日、米軍に事実関係を照会した。防衛局は本紙取材に「(米軍に)隊員教育や再発防止の徹底、当該農道を通行する際に周辺住民の安全に最大限の配慮を払うよう申し入れた」と説明した。安全対策に関し防衛局は「米側に対し安全運転を徹底し事故などが起こらないよう求め、周辺住民の安全に最大限配慮するよう求めていく」との方針を示した。(古堅一樹)



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス