「県民不満残る」 県敗訴受け談話 維新県総支部


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 名護市辺野古の新基地建設を巡る訴訟での県の敗訴について、日本維新の会県総支部は5日、「県民の不満は残る」などとの談話を発表した。
 県敗訴は「予想通りで、重く受け止めなければならない」とした。一方で「沖縄の歴史から長い間苦悩している県民の不満は永久に残るだろう。基地負担見直しを含め立ち止まりながら考える必要がある」とした。