全日本バレエコンクール/新垣愛子4位入賞


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 若手を対象に全国の支部から、トップクラスのダンサーが出場する全日本バレエコンクール(日本バレエ協会主催)が、埼玉県で8月16~19日に開かれ、ジュニアB部門に出場した新垣愛子(15)=那覇シティバレエスクール=が4位に入賞した。予選を通過し、決勝で「エスメラルダ」よりヴァリエーションを披露した。
 新垣は今回で3度目の挑戦。一昨年と昨年はファイナリストまで残り、「入賞を目標にしていた」と言う。「名前が呼ばれた時は信じられなかった」と喜びを語った。「昨年までは周りに圧倒されて、自分に集中できない時もあった。自分らしい踊りをすることを心がけた。今までで一番の踊りができた」と話した。
 指導者の島袋稚子は「表現の面で今まで以上に成長が見えた。精神的な強さも結果につながったと思う。伸びしろを感じる。もっともっと努力して頑張ってほしい」と激励した。
  (田中芳)

全日本バレエコンクールのジュニアB部門で4位に入賞した那覇シティバレエスクールの新垣愛子(スタッフ・テス提供、本橋亜弓撮影)