ミサイル配備断念要請 うりずんの会、防衛省に


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 【東京】陸上自衛隊勝連分屯地(うるま市)への地対艦ミサイル部隊配備計画を巡り、県選出の野党国会議員でつくる「うりずんの会」は防衛省に小野田紀美政務官を訪ね、計画の断念を求めた。小野田氏はミサイル部隊配備について「県民、国民にとって安全を確保することにつながる」と意義を強調し、計画を進める考えを示した。
 県知事の許可なしに伐採開発された疑いがある保安林について、出席者によると、小野田氏は「沖縄返還前に米軍がした行為について沖縄防衛局が森林法に基づく監督処分を受けることはない」と述べた。保安林が伐採されていることで「勝連分屯地周辺地域で風害などが生じたことはない」とも強調したという。うりずんの会の議員たちは「台風被害で米軍のレーダーが壊れた」「県と経緯を確認中なのに防衛省が問題ないと断定できるのか」などと反論した。
 うりずんの会は配備計画に関する住民説明会の開催も求めた。小野田氏は「住民説明会の開催予定はないが、うるま市にさまざまな形で情報を提供する」として説明会開催に消極的な姿勢を見せた。 (明真南斗)