宮城北大東村長 次期は出馬せず


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 【北大東】12月3日に任期満了を迎える北大東村の宮城光正村長(68)は6日、本紙取材に対し「生活、産業の基盤整備を一定程度実現することができた。村民の付託を受けて6期続けてきたが、長くなっており後進に譲りたいと考えた」と話し、次期村長選に出馬しない意向を示した。宮城村長は5日、開会中の村議会9月定例会一般質問でも同様の意向を示していた。宮城村長は1999年に初当選し現在6期目、6期連続で無投票当選。宮城村長は「自衛隊の移動式警戒管制レーダー配備計画を含め、私と同じ考え方で行政課題に取り組む人に引き継いでもらいたい」と話した。村長選挙は11月14日告示、同19日投開票。 (岩崎みどり)