石垣市長 入港に理解 「災害時に備え」


この記事を書いた人 Avatar photo 琉球新報社

 【石垣】米海軍掃海艦パイオニアが7日、石垣市南ぬ浜町の石垣港クルーズ船バースに入港したことを受け、中山義隆市長が同日、本紙の電話取材に応じた。今回の入港は「平時」での利用だとし、万が一の災害時に米軍側に支援、救助を依頼する際、港の使用方法がわからないと「市民の命を守るのに不備が生じる」と述べ、入港に理解を示した。
 市長は日本が関与せず、米側が他国と紛争、戦争などをしている際の入港については「断固反対する」とした。
  (照屋大哲)