政治

国交相決定取り消し求め 辺野古周辺住民21人が提訴

提訴後の会見で提訴した理由と意義を語る(左から)東恩納琢磨原告団長、弁護団の池宮城紀夫団長、白充弁護士=24日午後、那覇市楚辺

 米軍普天間飛行場の名護市辺野古移設に伴う新基地建設をめぐり、辺野古埋め立て承認の取り消しを一時的に無効化するため国土交通相が行った執行停止決定の取り消しを求め、辺野古区とその周辺住民21人が24日午後、那覇地裁に提訴した。

 執行停止決定の取り消しと併せて、埋め立て工事を止めるため執行停止決定の一時的な無効化も地裁に申し立てた。
 訴状などによると原告は埋め立てや新基地建設により、辺野古周辺の環境悪化や騒音被害が生じるなどとして執行停止の決定取り消しと一時的な無効化を求めた。
【琉球新報電子版】