政治

【電子号外】県、国を提訴 辺野古埋め立て 承認取り消し復活求め

        (PDFファイル820KB)

 米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古の新基地建設で、翁長雄志知事による埋め立て承認取り消しを国土交通相が執行停止したことについて、翁長知事は25日午後2時すぎ、この決定の無効化を求める「抗告訴訟」を那覇地裁に提起した。判決までの間、暫定的に執行停止決定の効力を止める措置も申し立てた。沖縄防衛局が承認取り消し後も継続している工事を中断する狙いがある。

 翁長知事が25日午後5時から県庁で記者会見し、提訴を発表する。
 国が埋め立て承認取り消しの撤回を翁長知事に求めた代執行訴訟が2日に始まっており、県の提訴で辺野古移設に関する二つの裁判が同時進行する異例の事態に発展した。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス