社会

初詣客でにぎわう 県内の神社など

ことしの希望や目標を胸に手を合わせる初詣客ら=1日午前8時ごろ、那覇市若狭の波上宮

  新年を迎え、県内各地の神社や寺は多くの初詣客でにぎわった。家族連れや友人同士らがそれぞれの希望や目標を胸にことし1年が良い年になるように祈願した。
 那覇市の波上宮では1日、参拝客が次々と訪れ、さい銭を投げ入れて手を合わせた。お守りやおみくじを買い求める姿も多く見られた。

 波上宮に家族3人で訪れた宮城博富さん(13)=那覇市=は「おみくじは末吉だった。今年は部活も頑張りながら勉強も頑張りたい」と話した。
 孫の大学受験が2月に控えているという上地安昭さん(80)=同=は「孫の大学受験合格を祈ってお守りも買った。これから合うので早速渡したい」とほほえんだ。
 【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス