社会

県警機動隊庁舎で拳銃暴発 けが人なし

 15日午後7時18分ごろ、うるま市大田の県警機動隊庁舎内で、24歳の男性巡査が拳銃の手入れをしていた際に拳銃が暴発する事故が発生した。銃弾は床に当たった。
 当時、巡査を含めて7人が現場にいたが、けが人はいない。県警が発生原因や事故の詳細について調査している。【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス