社会

辺野古 雨の中、米軍に事件抗議 海上で機材撤去訴え

米軍車両に「基地撤去」を訴える市民ら=24日午前10時すぎ、名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設に反対する市民らは24日午前も名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブ前に集まり、約120人で抗議行動を続けた。

 小雨の降る中、シュワブの新ゲート前で十数人がプラカードを持ち、行き交う米軍車両に基地撤去を訴えたほか、同基地所属の米兵による女性暴行事件に怒りの声を上げた。テント内では中部市町村などの市民らが座り込んでいる。
 一方、建設が予定される大浦湾では市民らが抗議船やカヌーで臨時制限区域内にある大型クレーン船の近くまで進み、作業停止と資機材の撤去を訴えた。海上やシュワブ陸上部分で目立った作業は確認されていない。【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス