社会

浦添市議会、米兵女性暴行で抗議決議 厳正対応、再発防止求める

 【浦添】浦添市議会(又吉正信議長)は24日午前、3月定例会の最終本会議で米兵による女性暴行事件に対する抗議決議と意見書を全会一致で可決した。

 抗議決議と意見書は①容疑者に対する厳正な対応と被害者への完全な補償②米軍人の教育徹底と綱紀粛正、実効性のある再発防止策③日米地位協定の見直し④在沖米軍基地の整理縮小と米兵の削減促進―の四つを挙げている。意見書の宛先は首相、衆参両院議長ら、抗議決議の宛先は駐日米国大使や在日米軍司令官らとなっている。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス