社会

赤い月、夜を照らす 空気の汚れ影響か

赤く見える月=27日午後10時50分、豊見城市

 27日夜、読者から「月が赤く染まっている」との情報が琉球新報社に複数寄せられた。満月から4日後の少し欠けた月は、低い位置から幻想的に夜を照らしていた。

 石垣島天文台の宮地竹史所長によると、月が低い位置にある場合、光が地上に届くまでに厚い空気の層を通るため、赤い光以外が届きにくくなり、赤く見えることがある。空気が汚れていると光が届きにくくなり赤く見える確率は増す。
英文へ→Sky lit by red moon, possible impact from air pollution



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス