社会

カヌー男性1人拘束 辺野古、70人抗議行動

新基地建設反対で、米軍関係車両に抗議の声を上げる市民ら=1日午前9時半、名護市辺野古のキャンプ・シュワブゲート前

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う新基地建設に反対するため、名護市辺野古の海上で抗議行動をしていたカヌー隊の男性が1日午前9時20分ごろ、キャンプ・シュワブの軍警備員に身柄を拘束された。海上で抗議するメンバーによると、男性はカヌー隊の1人が軍警備員に拘束されそうになったのを止めに入り、拘束された。

 拘束されたのは陸に近い岩場で、水深は膝まで海水につかる程度だったという。工事のために設定された臨時制限区域の中だったとみられる。
 辺野古のキャンプ・シュワブ新ゲート前には、約70人が集まり、抗議行動を展開した。集まった市民らは、キャンプ・シュワブから出て行く米軍関係車両に「マリーンズ、アウト」(海兵隊は出て行け)などと声を上げていた。
【琉球新報電子版】



関連するニュース






  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス