経済

翁長知事、経済交流で中国へ出発 「企業投資など話したい」

中国への出発を前に「企業の投資など具体的に話したい」と抱負を述べる翁長雄志知事=10日午後0時半ごろ、那覇空港国際線旅客ターミナル

 翁長雄志知事は10日午後、日本国際貿易促進協会(会長・河野洋平元衆院議長)の訪問団に参加するため中国へ出発した。協会の訪中団による翁長知事の訪中は昨年に続き2回目。13日帰任する。

 那覇空港で翁長知事は「昨年は福建省からの飛行便など一定程度効果が上がった。今回は沖縄の持つ優位性を説明しながら、企業の投資など具体的に話したい」と抱負を述べた。
 協会関係者によると、11日に中国商務部(日本の経産省)の高官、12日に国家要人と面談するよう調整している。
 昨年の訪中で翁長知事は中国共産党ナンバー2の李克強首相と面談し、沖縄―福州間の定期直行便の開設などを要望した。面談の1カ月後に、沖縄側が要望した那覇―福州の直行便就航が発表された。
【琉球新報電子版】



関連するニュース







  • お知らせ


  • 琉球新報デジタルサービス



  • 会員制サービス






  • 他のサービス