那覇市内の中学校にナイフ持った男侵入「バカにされた。生徒を出せ」と校長室など押し掛ける 現行犯逮捕 那覇署 沖縄


那覇市内の中学校にナイフ持った男侵入「バカにされた。生徒を出せ」と校長室など押し掛ける 現行犯逮捕 那覇署 沖縄 パトカー(資料写真)
この記事を書いた人 琉球新報社

 那覇署は10日、那覇市内の中学校に刃体の長さ約17センチのナイフを所持して侵入したとして、自称那覇市に住む無職の男(57)を銃刀法違反容疑で現行犯逮捕した。容疑者の男は「間違いない」と容疑を認めているという。当時、中学校には生徒がいたが、けが人はいなかった。

 逮捕容疑は10日午後4時45分ごろ、中学校の校内で正当な理由なく刃物を所持していた疑い。那覇署によると、容疑者は当時酒に酔っていたという。

 中学校の校長によると、容疑者は刃物を所持し、校長室などに押し掛けた。通報を受けて駆け付けた警察官に取り押さえられたという。当時、校内にいた女子生徒は「校外に出るように先生から指示があった。パトカーが何台も来て何が起きたか分からず、とても怖かった」と顔をこわばらせた。

 関係者によると、容疑者は校外で男子中学生数人とトラブルになったという。その後、しばらくして校内に立ち入り「中学生にバカにされた。生徒を出せ」などと怒鳴り込んできた。容疑者は中学校に侵入する数十分前には、数百メートル離れた付近の路上で10代の女子大学生に声を掛け刃物を見せるなどし、携帯電話で写真を撮るなどしていた。危険を感じた学生は施設内に逃げ込み、けがはなかったという。

 中学校の校長は「職員の冷静な対応もあり、生徒に危害がなく安堵している。生徒たちの精神的なケアなどに徹したい」と語った。